にきびを撃退して楽しい生活!まっさらな素肌が女性としての自信

きれいな肌になるために

フェイス

肌をつるつるにしたい

顔にできしてまうととても気になるにきびですが、日本では治療よりもセルフケアを選ぶ人が多くいます。そのため、チョコレートは控えた方がいい、洗顔をこまめにした方がいいなど間違った認識で、にきびを悪化させてしまうこともしばしばあります。治すためにはやはり病院でしっかりと治療をすることが大切です。にきびを自己処理で解決してしまう方もいますが、自己処理で潰したにきびの大半はにきび跡として肌に残ってしまいます。肌の表面をクレーターのようにえぐった状態が残ってしまうので、美肌を追求する方には避けたい状態でしょう。跡を残さず、綺麗ににきびを消し去るのなら美容皮膚科の施術が最適となります。美容皮膚科で行なわれてのにきび治療は、薬剤を使用した方法やレーザー機器などの活用で、肌にダメージを与えること無くにきびだけを治療することが出来ます。さらに、重度の炎症が起こっているものやクレーターになってしまったにきび跡に関しても注射やイオン導入、レーザーなど様々な治療を受けることができます。安全ににきびを対処するなら、医療機関による施術が非常に重要となるでしょう。また、にきび治療を受ける際の注意点もあります。根本的ににきびの原因となっているのは毛穴のつまりです。毛穴のつまりは間違ったスキンケアや生活習慣、ストレス、食生活、ホルモンバランス、手でお肌を触る癖と様々なことが原因となっています。できてしまったものを治療することは大切ですが、予防という観点からもにきびの発生につながる習慣を改善することが重要です。

治す手段は様々

にきび治療の特徴についてですが、内容によって大きく異なってきます。まず、外用薬についてです。これは、炎症が発生している赤くなってしまったものに対して処方されることが多いです。原因となっているアクネ菌を殺菌するために抗生物質が用いられます。また、根本的な改善としては毛穴をつまらせないことが大切です。そのために、毛穴のつまりをとったり、毛穴がつまりにくくするような効果がある外用薬が処方されることがあります。次に内服薬の特徴です。まず、炎症が重度である場合には抗生物質が処方されることが多いです。一方、ストレスなどの影響で女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンが逆に増えてしまっている状態の方には基礎体温の測定や低用量のピルの処方、抗男性ホルモン薬の処方をすることがあります。また、ビタミン不足も原因となる場合があるので、ビタミン剤が処方されることもあります。そして、病院での処置としては代表的なものに面皰圧出が挙げられます。この方法はどのようなタイプのにきびにも適していると言えます。具体的には皮膚の消毒後、先端に針またはレーザーで穴をあけ、面皰圧出器という専用の器具を用いて毛穴の中身を押し出すという手順です。これにより、にきびの中に詰まっている古い角質や膿、皮脂、産毛などを取り除くことができます。そのため、にきびの治りが早くなったり、再発しづらくなったりというメリットがあります。また、ケミカルピーリングはどのような人にも有効である方法として人気があります。このように様々な治療方法がありますが、それぞれに違った特徴がありますので、どのようなものが自分に合っているのかをよく相談して決めていくと良いでしょう。