にきびを撃退して楽しい生活!まっさらな素肌が女性としての自信

後悔しない素肌ケアとは

スキンケア

皮脂の分泌過多と過角化がにきびができる主な原因です。セルフスキンケアするのも大切ですが、ケアが困難な時は美容クリニックを活用しましょう。専門医の観点から、にきびケアに適切な薬物治療や光治療、ピーリングなどを行なってくれます。病院によってはスキンケアや生活指導までしてくれるのです。

詳細へ

肌の健康のために

鏡を持つ女性

日常生活で気をつけること

日常生活を気にかけることで、にきびが出来にくい体質をつくり治療することができます。なので、食生活では、偏った食事にならないように注意してください。動物性油脂を摂りすぎると皮脂の分泌を活発にしてしまい、にきびが悪化しやすくなります。そして、嗜好品であるコーヒーやアルコールなども摂りすぎれば、体のストレスになってしまうので控えめにしましょう。食べ物の好き嫌いがあるとにきびができやすくなってしまうので注意してください。食事に気を使うことは肌の調子が良くなることにも繋がります。また、身だしなみとしてメイクをする際に、油性のファンデーションを使用すると正常な皮膚呼吸や皮脂の排出を邪魔して肌のストレスになってしまうので油性のファンデーションは避けた方がいいです。そして、額にできたにきびは髪で隠すと不潔になり髪の毛がニキビを刺激して悪化します。にきびに刺激を与えないようにしましょう。スキンケアの基本となる洗顔は朝と夕方に一回ずつ、ぬるま湯でやさしく行ないましょう。朝と夕方以外にも、運動などで汗をかいたらすぐに洗顔をして肌の汚れを落とすようにしましょう。背中にニキビがあれば、シャワーで流したり、タオルで汗をよく拭きましょう。そして、毎日の基礎化粧は化粧水で十分です。化粧水は多めにつけると皮脂量が抑えられてニキビができにくくなります。このように、肌を清潔に保つことが重要ですが、十分な睡眠も大切です。夜更かしは新陳代謝のサイクルを乱し、古い角質が毛穴をふさぎ、肌に悪影響を与えます。また、無理なダイエットはストレスになってにきびができやすいので注意してください。まっさらな素肌が女性としての自信に繋がるでしょう。

本格的ななおすために

にきびの治療は美容皮膚科で受けることができます。白ニキビや黒ニキビなどの軽い症状でも、適切な治療やケアを受けることで症状の悪化を防ぎ、より早くニキビを治すことができます。ニキビの治療で主となるのが、外用薬による治療です。外用薬による治療には以下のようなものがあります。にきび原因菌であるアクネ桿菌を殺菌する抗生物質、毛穴の詰まりを取り、詰まりにくくする治療薬です。ドクターのアドバイスを受けることで、ニキビの根本的な原因である毛穴を詰まらせる原因となる間違ったスキンケアや生活習慣、ホルモンの乱れなどを改善することができ、ニキビの再発リスクを低下させることもできます。美容皮膚科ではニキビ跡を残してしまうことがないので軽いにきびでも相談してみましょう。また、ストレスなどの影響で、相対的に女性ホルモンの分泌量が減り、皮脂腺を刺激する男性ホルモンの働きが強まると、ニキビができやすくなります。それを解決するため、ホルモン治療がおこなわれることもあります。基礎体温の記録や、ホルモン薬の処方などをします。ニキビの原因になるビタミン不足の際にはビタミン剤を処方してもらえます。また、毛穴の中に詰まっている角質や皮脂などを取り除く治療もあります。重度の炎症が発生しているニキビや、クレーター状のニキビ跡の治療のため、患部に直接抗生物質やステロイド剤を注射する治療もあります。治療する際には、間違ったスキンケアやストレス、食生活、ホルモンバランス、生活習慣、手でお肌を触る癖など自分で気をつけることも大切です。

きれいな肌になるために

フェイス

にきびは自己流でケアしようとするとかえって悪化してしまうことがあります。そのため、病院での治療が大切です。病院では外用薬や内服薬、処置とそれぞれ違った特徴がありますので、何が自分に合っているのかをよく相談することが大切です。

詳細へ

皮膚の病気

眼鏡の女医

キレイな肌を守るためにはまずは正しい生活習慣が大切です。にきびになってしまったら迷わずに早めに病院で治療を受けることが大切です。色素沈着やデコボコ肌に悩んでいる人でも解決する方法が有ります。まずは皮膚科で相談してみましょう。

詳細へ